ファシジンでトリコモナスを完治させよう!購入は通販がおすすめ

トリコモナスの特徴

床に並べられた薬

性病は感染経路がオーラルセックスを含む性行為であることは共通していますが、症状や潜伏期間、治療方法や治療期間などは異なっています。このページでトリコモナスのことを少しだけ解説しています。

白と緑の錠剤

トリコモナスの放置は危険

トリコモナスは小さな虫が膣や男性器に寄生することで引き起こされます。
感染経路がオーラルセックスを含む性行為であることから「性病」のひとつとして知られています。

このトリコモナスの厄介なところは男性が感染しても症状がほとんど現れず感染に気が付かないケースが非常に多い点です。
パートナーである女性がトリコモナスの感染に気づき、そこで男性も気がつくのです。
症状がないので軽視しがちですが、トリコモナスは感染力が強いのでパートナーが感染している時は男性もほぼ感染していると思った方がいいでしょう。

そのため、トリコモナスの治療を始める際は二人同時に始めるのがいいでしょう。
トリコモナスの治療はファシジンなどの治療薬で行われることが一般的です。
ファシジンの成分が原因であるトリコモナス原虫の成長を妨げ駆除してくれます。

投薬期間はおよそ10日と言われており、ファシジンを服用している間は性行為は厳禁です。
薬を飲んでいる間も体の中には潜んでいるので簡単にうつってしまうためです。

あと投薬期間中、投薬終了から3日後はアルコール類はとってはいけません。
まずはトリコモナスを完治させることに集中しましょう。

ちなみにファシジンなどの治療薬は病院に行かなくても購入することができます。
通院に抵抗がある方は通販の利用をオススメします。

トリコモナスの検査と治療

薬の研究

「トリコモナスに感染しているかもしれない」そう思ったらすぐに検査を受けるようにしましょう。トリコモナス自体は命の危険を脅かす病気ではないですが適切な治療を行わないとそれだけでは済まなくなります。

備えあれば憂い無し

手に乗る白いカプセル

性病にかかろうと思ってかかる人はいないと思います。しかし、どれほど注意していたとしても性病にかかるリスクは抱えているのです。そのため、トリコモナスだけでなく他の性病の治療薬を常備しておくのも1つの手段かもしれません。

記事一覧

薬瓶に入った錠剤

「ファシジンでトリコモナスを完治させよう!購入は通販がおすすめ」の記事一覧です。